日本ダービー(東京優駿)2019 単勝&複勝予想 購入視点による各馬診断!

日本ダービー(東京優駿)2019 単勝&複勝購入視点による各馬診断!
さんパパ
こんにちは!さんパパです!

気が付けばダービーまであと2日ですね!

枠順も決まり、あとはオッズを見て本命馬を絞り込んでいくだけですが、最終結論の前に各馬に対する個人的な見解をお話ししたいと思います!

ということで昨日の続きはこちらから
↓↓↓

ダービーで負けた数十万の負債を最終レースの目黒記念一発で取り返すため、僕はATMから数万円をおろした。

そしてその数万円をトップカミングという1番人気の馬、固定で勝負することにした。

理由は1番人気でダービーを取りたいと思っていた岩田騎手が悔しさで『ここは絶対に勝つ』という思いを持っているだろうと考えたから。

同じダービーを負けた悔しさを分かち合えるのは、断然人気でダービーを負けた岩田騎手しかいない。

ダービー、目黒記念と1番人気に答えられなければ相当叩かれるし、本人も必至だろう。

そんなことを思って彼と心中することにした。

当時から単勝・複勝しか買わない僕だったが、このレースだけは負けたお金を取り戻さなければいけなかったので、1着固定の3連単で勝負することに。

購入した馬券はあまり記憶がないけど、トップカミングから持っていた新聞の印が付いた穴馬に5000円~1万円単位で買った気がする。

どれも当たればダービーの負債が一発で回収できるような穴馬券。

目黒記念はハンデ戦で荒れるといったイメージだったので1番人気以外は人気薄が来るだろうと思ったから(そこまで思うなら1番人気も疑うべきだったと今なら思うけど)

ATMからおろしたお金を馬券を購入するための機械に入れて行く。

さっきまで持っていたのはダービーのためにためたお金。

今、機械に吸い込まれているのは家族が生きていくための生活費。

金額は先程よりも少ないけれど、購入している時は罪悪感と本当にいいのだろうかという後悔に襲われた。

しかし、既に後戻りできない状況と根拠のない『当たれば取り返せる』という自信から手はどんどん購入を進めていく。

そして出てくる購入馬券。

もう後戻りはできない。

僕は何気ない顔をして友人たちの元へと戻り、購入した馬券を財布の中にこっそりとしまった。

(続く)


日本ダービー2019 出走馬に対する個人的な見解

日本ダービー2018

ダービーに出走する全馬の見解を書いてみたいと思います!

一応、トライアルレースは全部見ていますが、雨が降らない良馬場での見解なので雨が降ったらガラッと変わることはご了承ください(^^ゞ

ロジャーバローズ

前走の京都新聞杯は直線の最後に差され2着に敗れるも、3着以下を大きく突き放してゴール。

先行脚質なので1枠1番は大歓迎でしょう。

外からリオンリオンが行くと思うので道中はその後ろについて2番手追走というイメージ。

直線を向いてリオンリオンを交わしにかかったところから突き抜けるかどうかって感じかな。

勝にはワンパンチ足りない印象だけど馬場が渋って前に行った馬に利がある展開になれば掲示板には残ってもおかしくなさそう。

ヴィント

重賞未出走ですし、このメンバー相手だとちょっと厳しいかな(^^ゞ

エメラルファイト

スプリングステークスの勝ち馬ですが、今年のスプリングステークス出走馬の戦績がイマイチであまり信用できない感じが強いです。

捻挫の影響で皐月賞を回避しているのもマイナス。

昨年のダノンプレミアムですら皐月賞を回避して負けたわけですから、順調さを欠いたこの馬が勝つことはないかなと思ってます。

サトノルークス

皐月賞は4コーナーの手前ですでに手ごたえが悪くなっていましたね。

2200mも走っているので距離ではないと思いますが、さすがにダービーを勝つ馬が皐月賞であれだけ惨敗はしないと思うんですよね・・・。

ただ、位置取りが明らかに後ろ過ぎたのも事実なので、言い枠を引いた今回、前目につければ見せ場はつくってもおかしくないかも。

マイネルサーパス

個人的な考えかも知れませんがマイネルの馬って早熟馬が多いのか、使い減りする気がするんですよね。

ダービーは記念出走だと思うので今後に期待しましょう。

サートゥルナーリア

4日前の記事に見解は書いるので詳細はそちらで。
↓↓↓

ダノンチェイサーが回避して本命にする馬がいなくなってしまったので、単勝1.8倍以上付けば1点勝負しようと思ってます。

ダノンキングリー

この馬については2日前の記事に見解は書いるので詳細はそちらで確認してください。
↓↓↓

距離が不安なので7番ゲートからどういう競馬をするか。

サートゥルナーリアよりも前に行ったら目標にされて差されると思うし、マークする形になれば外を回されることになるので距離不安があるこの馬にはマイナス。

ちょっと買いにくい枠にはいったなーという感じ。

それこそ思い切って2番手3番手まで上がっていくくらいの競馬をしないとサートゥルナーリアに勝てないと思うけど、キレ勝負のこの馬がそれをやるとは思えないし。

ちょっとサートゥルナーリアを負かすイメージが沸かないですね(^^ゞ

メイショウテンゲン

雨が降ってぐちゃぐちゃの不良馬場になったら買う。

良馬上なら買わない。

分かりやすい馬ですね(笑)

ニシノデイジー

サートゥルナーリアの見解記事で書いた通り、皐月賞で実力不足ということがハッキリしてしまったのでここはバッサリでOKでしょう。

クラージュゲリエ

皐月賞は最後までしっかり伸びているし、もう1つ前のポジションで早めに押し出していれば4着には残れた気もします。

ただ、今回は横山騎手から三浦騎手への乗り替わりですので、これはマイナス。

騎手の見解でも書いた通り、ダービーを勝つのはG1ジョッキーの中から出てくるので9年間G1未勝利の三浦騎手がここでついに!ということは起こらないと思ってます。

実力的にも掲示板に乗れるかどうかというところだと思います。

レッドジェニアル

京都新聞杯は直線でキレイに前が空いてくれたこともあってしっかり最後まで伸びていましたね。

直線の長い府中はいいと思いますが、相手強化によってどれだけやれるか。

前走のように外を周って直線勝負ってわけにはいかないので鞍上の手腕が問われるところです。

同脚質にダノンキングリーもいるし、勝ち切るのは難しいかなと思います。

アドマイヤジャスタ

皐月賞は外枠+出遅れでほぼ最後方の競馬で万事休す。

あれで勝てという方が無理なので度外視でいいと思います。

今回、岩田騎手で内枠なら3着以内はあるかもと思ってましたが、外を引いちゃいましたね。

デムーロ騎手への乗り変わりはマイナスではないと思いますが、プラスでもないかな。

思い切って前に付ける競馬をすれば掲示板に乗ってもおかしくないと思います。

ヴェロックス

ヴェロックスについては以下の記事を参考にしてください。
↓↓↓

チャンスがあるとすればサートゥルナーリアより内だと思ってましたが、ここからだと正直しんどい。

日本で実績のある川田騎手が実績の少ないレーン騎手をどう封じ込めるか。

正攻法では勝てないと思うので何かしらこの馬が勝つための運が必要かなと思います。

個人的に3強の中では3番手評価という感じですね。

ランフォザローゼス

エタリオウみたいな馬ですが(笑)、実力はあると思います。

青葉賞は最後の直線でフラフラしているように見えて、最後猛烈に突っ込んできているし、人気がないようなら狙ってみていいかも。

福永騎手は昨年と同じような枠からのスタートだし、イメージとしてはワグネリアンと同様の競馬をすると思います。

今年は強い馬もいるので押し切れるかどうかは微妙ですが、穴馬候補として気になる1頭ですね。

リオンリオン

青葉賞はこの馬の単勝を握っていたのですが、ダービーではそれもないですね。

横山騎手から横山騎手への乗り替わりですが(笑)、さすがに父から息子へ渡った馬でダービー制覇みたいな漫画のようなことは起こらないです(笑)

キングヘイローが暴走した時の福永騎手みたいに緊張でどんな競馬をするか全く分からず。

この枠からでも逃げると言っていますが、しっかりペースを守っていったとしても勝つのは難しいでしょう。

仮に馬場が渋るようなことがあればチャンスの芽も出てきますが、それでも勝ち切るのは・・・という感じです。

タガノディアマンテ

堅実に走る馬なんですけどね。

使いすぎもあってここは様子見で。

ナイママ

マイネルさん同様、記念出走かな(^^ゞ

シュヴァルツリーゼ

この枠からではちょっと厳しいですね・・・。

はい、ということで前々日段階での各馬について簡単にコメントしてみました。

昨年は超自信を持ってエポカドーロを本命にしたんですけど、今年は狙える穴馬もいないので強い馬が普通に勝ちそうな印象です。

個人的には予想だけして馬券は買わなくてもいいかなーとすら思うようになってしまってるんですけど、ネタとして何かしらの馬券は買いますけど(笑)

サートゥルナーリアの単勝1点買いになるか穴馬の複勝1点買いになるか。

天気とオッズをもう少し注視して決めて行こうと思います^^
↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です