日本ダービー(東京優駿)2019 予想オッズ ヴェロックスが逆転できる可能性と条件は?

日本ダービー(東京優駿)2019 予想オッズ ヴェロックスが逆転できる可能性と条件は?
さんパパ
こんにちは!さんパパです!

今週はダービーweekということで毎日、ブログを更新していきたいと思います^^

本題に入る前にダービーの思い出ばなしをちょこっと(笑)

昨日、公開した記事はこちら
↓↓↓

エイシンフラッシュが勝った2010年のダービーでの出来事。

午前中から東京競馬場へと乗り込み、ダービー本番までに10万円以上の負債を抱え、こうなったらダービーで取り返すしかない!!と考えた僕は残りの有り金をすべてダービーに突っ込むことに決めました。

購入したのは勝つと信じて疑わなかったペルーサの単勝。

2010年 日本ダービー出馬表

日本ダービー2010出馬表

当時は期待値理論など知らなかったので、とりあえずオッズが低い馬=勝つ可能性が高いと思っていました。

新聞を見ても皐月賞馬のヴィクトワールピサとペルーサのどちらかが勝つ!みたいな記事がいっぱい出ていて、僕の中では自然とこの2頭のどちらかが勝つに決まってる!と思ちゃったんですよね。

当時、岩田騎手はダービーを勝ったことはなく、1番人気のプレッシャーに押しつぶされるだろう、そして前年にロジユニバースで悲願のダービー制覇を果たした横山騎手ならプレッシャーなくのって勝てるはず!、青葉賞と同じ感じで乗れば圧勝だろうという謎の根拠に満ち溢れて、一切の迷いなくペルーサの単勝に財布の中身をすべて突っ込んだんです。

当たれば100万円を超えるお金が手元に戻り、外れれば数か月間はタダ働き同然で仕事をしなければならない。

家に帰れば幼い子供と奥さんが今日はどうだった??と聞いてくるのは目に見えている。

そんな守るべきものを持つ父親が日本ダービーという空気に完全に飲み込まれ、家庭崩壊すら招きかけない大勝負にでるこの現実。

冷静になった今考えれば、狂気の沙汰としか思えませんが、アドレナリンが前回に放出された僕を止めるすべはなかったのです。

そして運命のゲートがスタートした2秒後・・・。

人生の中で味わったことのない恐怖を全身に感じることになるのでした。

(続く)


日本ダービー2019 ヴェロックスの皐月賞は負けて強の内容だった

『日本ダービー2019 登録馬』

日本ダービー2019 登録馬

1番人気はほぼ鉄板でサートゥルナーリアだとして、2番人気は皐月賞で勝ち負けを演じたヴェロックスだと思います。

オーナーはディープインパクトを始め、ダービー4勝を挙げている金子正人氏で今年のダービーもきっちり有力馬を出走させてくるのはさすがの一言。

前哨戦の皐月賞ではサートゥルナーリアの目標にされる形で展開的にかなり厳しかったと思います。

『皐月賞2019 レース動画』

さらに横からでは分かりにくいですが、以下のパトロールビデオを見ると、追い打ちをかけるかのように直線でサートゥルナーリアにぶつけられ、ゴール前で大きくよれているのが分かります。

『皐月賞2019 パトロール動画』

こういう場合ってぶつけた方は勢いのまま走れるんですけど、ぶつけられた方が100%減速してしまうので、このタックルによってヴェロックスが減速したのは間違いないでしょう。

もし、僕がヴェロックスの単勝に大金を突っ込んでいたら『あのタックルがなければな~』と絶対に引きずっていたと思うので(笑)

それでも最後、内にいたダノンキングリーを交わしているのですから、この馬もダービーで勝ち負けする資格は十分になると思います。

日本ダービー2019 ヴェロックスがサートゥルナーリアを逆転する可能性は?

皐月賞の走りだけを見て判断するならダービーでも勝ち負け必至だと思うのですが、東京スポーツ杯2歳ステークスを見る限り、そんなにキレッキレの足を使うタイプではないと思うんですよね。

『東京スポーツ杯2歳ステークス2018 レース動画』

今の東京競馬場はレコードが連発する超高速馬場なので、時計勝負になるとこの馬は分が悪いんじゃないかなと。

雨が降って時計がかかれば早め先頭で押し切れる可能性も出てくるとは思いますが、パンパンの良馬場だと外からくるサートゥルナーリアに抵抗できず、あっさり交わされそうな気も・・・。

ヴェロックスがサートゥルナーリアを逆転するとしたら、まず大前提としてサートゥルナーリアより内を走ること。

東京2400mはずば抜けた力差がないと能力だけで押し切れるような舞台ではありません。

過去、展開によって負けていることから考えると、ヴェロックスは世代上位の力はあったとしてもずば抜けた存在でないことも確か。

そういった馬がダービーを制するには内ラチ沿いをピッタリとロスなく走り、直線でスムーズに終える状況に持ち込むという騎乗と運が必要になってくるので、この壁と乗り越えないとダメですね。

それと当然、サートゥルナーリアよりも前で競馬をすること。

キレでは明らかにサートゥルナーリアに分があるので、ディープブリランテが勝った時のように直線から早々にスパートをかけ、スタミナ勝負に持ち込まないと勝利の女神は微笑まないと思います。

『第79回 東京優駿 日本ダービー(GI) レース動画』

鞍上の川田騎手も皐月賞の走りからそのことを分かっているでしょうから、おそらく早めに仕掛ける競馬をしてくるでしょう。

展開的に残り400m位から追いだしにかかり、最後までしのげるかどうか・・・っていうのがこの馬の勝ちパターンだと思います。

いずれにしても内枠を引かないことにはそういった展開も絶望的になるので、まずはどの枠に入るのか注目するべきですね。

日本ダービー2019 ヴェロックスを購入できる単勝オッズは

若葉ステークス2019

個人的にヴェロックスがダービーを制する可能性は10%、内枠を引いて馬場が渋ったとして20%程度かなと。

サートゥルナーリアの可能性が高すぎるのでそのほかの馬はどうしても低くなってしまいますよね(^^ゞ

高速馬場の適正に疑問が残るので雨が降ればもうちょっとあげてもいいとは思いますが、枠順も出てない現時点では単勝7~8倍くらいつかないと買う気にはなれないかなって感じです。

1枠1番を引いてスムーズに先行、インコースをピッタリ走って直線まで行ける可能性が高いなら単勝5倍程度でも・・・。

まぁ、個人的に買いたい穴馬がいるので、オッズから考えてもたぶんこの馬を本命にすることもないと思います(人気になるでしょうから)

明日は皐月賞3着馬のダノンキングリーについて書いてみてたいと思います^^
↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です