天皇賞・春 2019 単勝・複勝予想・結果・回顧 【馬券公開】

さんパパ
こんにちは、さんパパです!

昨日の青葉賞は予想した通りの展開になったので『ヨシ!』と思ってみてました。

たいていの場合、予想通りに乗ってくれることがない(=予想が下手)なので、ああやってドンピシャにハマると日常では味わえない爽快感が生まれます(笑)

勢い其の儘に天皇賞も当てる!!と言いたいところですが、僕がこだわるのは的中率ではなく年間通して回収率100%以上ですので今日も狙い目な馬を予想していきたいと思います!

天皇賞・春2019出馬表

天皇賞春2019出馬表

※オッズは確認時点のものになります。

天皇賞・春2019予想

本命馬:◎エタリオウ

シルバーコレクターのエタリオウを本命にしました!

こういった2着続きの馬って最後まで勝つことなく終わるんですけど(笑)、他に本命にできる馬がいなかったことと枠順などからこの馬の凡走が一番可能性が低いと思ったのでこの馬にします。

まず、1番人気のフィエールマンですが、菊花賞は本命にしたエタリオウとほぼ差のない勝利。

レースを見てみると道中、エタリオウよりも1レーン内を通っているのが分かると思いますが、これはルメール機種が距離ロスを嫌って打ちを選択していたのだと思うんですよね。

そしてその努力が最後の着差になって表れていると。

直線、外を選択したデムーロ騎手に対してギリギリまで追い出しを我慢してぽっかり空いた真ん中から、溜めた足を爆発させての勝利。

結果だけ見れば1着フィエールマン、2着エタリオウという結果になっていますが、レースぶりを振り返ると楽をしているのはフィエールマンの方で厳しい競馬になったのはエタリオウ。

にもかかわらず僅差の結果になったということは、2頭にそこまでの差はなく、ちょっとしたことで逆転は可能になるという予測が成り立ちますよね。

で、あと気になるのは3着のユーキャンスマイルですが、上位2頭に比べると若干、差がある感が否めず、前走のダイヤモンドSを勝ったときもインをロスなく回った岩田騎手の好騎乗でした。

今回はエタリオウよりも外の枠を引いているので前走のようにピッタリ打ちを回る競馬ができるかどうかがあやしく、少しでも外を回るようだと上位2頭に勝つのは難しいと思います。

そしてそれはクリンチャーも同じで昨年の天皇賞が評価されての4番人気だとは思いますが、個人的に勝ち切るイメージがわかず、過剰人気じゃないかなと思ってます。

あと、前走、本命にしたエタリオウに完勝したメイショウテッコンですが、これは武豊騎手だからこその勝利で、後を引き継いだ福永騎手に同じことができるのか?というと・・・。

ダービージョッキーになり、一皮むけた気もしますが、外国人騎手に比べると安定度は低く、G1テン乗りでお金をかけられるほどの信頼度はないのでこのオッズでも本命にはできませんでした。

今日の青葉賞を見る限り、デムーロ騎手は内ラチ沿いをピッタリ走っていたので、明日の天皇賞も恐らく距離ロスを考慮して同じように回ってくると思います。

京都は最後の直線で前が詰まることがないので馬郡が開け、内からエタリオウ、外からフィエールマン、その他の馬が追い込んでくる展開になるかなって感じですね。

そして最後にうちのエタリオウか外のフィエールマンか。

13頭立てですし、強い馬もいるので今年は比較的固く収まると思っていますが、果たしてどうなることやら・・・。

天皇賞・春2019 単勝・複勝 馬券公開

天皇陵春2019単勝馬券
天皇陵春2019複勝馬券
天皇陵春2019馬券

天皇賞・春2019結果・回顧・レース動画

天皇賞・春2019 公開馬券結果

天皇賞・春2019公開馬券結果

天皇賞・春2019 レース結果

天皇賞春2019レース結果.GIF

天皇賞・春2019 レース動画

天皇賞・春2019 回顧

天皇賞・春2019本命馬:エタリオウ→4着

予想の下手さが全面に出た天皇賞でした(^^;

まさかエタリオウがあんな競馬をするとは思ってもいなかったので、最初の直線で絶句・・・。

あの競馬で勝てるのは無尽蔵のスタミナを持っていたゴールドシップしかいないよって(笑)

最初の1000mが59秒ちょいだったから結果的には最後方待機でも良かったのかも知れないけど…。

全盛期のデムーロ騎手ならあのような選択はしなかったと思うし、ちょっと狙いにくい感じになりつつありますね。

(といって本命から外すとあっさり勝つのが外国人騎手なんですがw)

枠順をみて本命をエタリオウに決めてしまいましたが、よくよく考えれば凡走する兆候もあったかなと。

例えば負けた原因の1つが斤量(予想する前は見落としてました)

エタリオウは前走、55kgで走っていたんですよね。

競馬では1kgあたり1馬身差がつくと言われていて、今回は3kgも増えている&距離も3200m。

馬への負担を考えると決して軽視できるような材料ではなかったと思うのですが、過去のレースぶりばかりを見てすっかり忘れていました。

結果的に3着にすら残れなかったのは少なからず斤量の影響もあったかなと思います。

あとはこの馬、馬郡の中で走るのがダメみたいですね。

だからああいった極端な競馬しかできないから最後の最後で勝ちきれないと。

逆にフィエールマンは馬郡の中で我慢できるからロスなく脚を溜められるので最後まで脚が持って押しきる。

もちろんルメール騎手の騎乗も超うまいけど、そのあたりまで見極められなかった僕の完敗です。

まぁ、だからと言ってレース前に分かっていたら本命を変えたのか?と言われるとそれは微妙なところ。

フィエールマンは強いとは思ってましたけど人気を背負ってのG1は初経験だったこともあり、買える材料としては微妙なので本命はなかったと思います。

僕の場合、短期ではなく長期的な収支をプラスにするため、当たっても外れても、何かしらを得て次のレースに生かすことも目的の1つなので、今回は斤量にも注目しなさいよーということを思い出せたのが収穫だと思って次につなげていきたいと思います!

2019年 公開馬券収支

2019年公開馬券収支 2019年4月公開馬券収支

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です