宝塚記念2019 単勝・複勝予想・結果・回顧 【馬券公開】

宝塚記念2019 単勝・複勝予想・結果・回顧 【馬券公開】
さんパパ
こんにちは、さんパパです!

先週は超異例の出走取り消しラッシュで予想を取りやめたのですが、たった1週予想しなかっただけでずいぶん久々に予想するなーって感じです(笑)

メインは上半期を締めくくる宝塚記念ですがメンバーもそろいましたし楽しみな一戦なのですが・・・。

小頭数というのがちょっと残念ですね。

馬の頭数が減ると当然、当てやすくはなりますがオッズが下がってしまうので旨みのある馬のオッズも下がって買いにくくなってしまいます。

さらに言うと人気馬が馬群に包まれて能力が発揮できない・・・ということも少ないので実力通りに決まってしまうみたいな。

僕みたいに1番人気の馬を買わないタイプの人間からすると、頭数が揃った方がおいしいオッズに辿り着くことが多々あるので、そこだけは残念だなと思ってます。

まぁ、それでもメンバーは今の現役馬の中でもかなり揃った形になったので面白いレースになると思います。

内枠と大外枠に人気馬がキレイに別れる形になり、どちらかが掲示板を独占しそうな気もしますが・・・。

上半期最後の予想をしていきたいと思います^^


宝塚記念2019出馬表

宝塚記念2019出馬表

※オッズは確認時点でのものになります。

宝塚記念2019予想

本命馬:◎スワーヴリチャード

対抗馬:◎リスグラシュー

どの馬が勝ってもおかしくないグランプリに相応しい馬が集まっている中、本命はスワーヴリチャードにしました!

ここ最近はなかなか勝ち切れないレースが続いていますが、なんだかんだ言って掲示板にはしっかり載ってくるし、大敗したのは昨年の天皇賞秋ぐらい。

前走のドバイでも初のG1遠征でしっかりと結果を残しましたし、レイデオロに完勝していますからね。

小頭数なら展開1つで突き抜ける形があってもおかしくないと思います。

対抗にしたのはレーン騎手がまたがるリスグラシュー。

この馬も前走は海外G1でしたが堅実な末脚で3着に入ってきました。

おそらくキセキが早めに抜け出す形になり、それをレイデオロを含めて早目に捉えにかかる展開になると思うので、長い脚が使えるこの馬には展開が向くような気がします。

気になるのはスワーヴリチャードも含め、遠征帰りの疲労だけですが、そこは走ってみないと分からないので今回は純粋に馬の能力を評価して予想してみました。

レイデオロは強いと思いますが明らかに押し出されての1番人気なのでここで奔命するのは微妙な感じで、期待値的には少ないと思います。

キセキは雨が降って重い馬場になれば本命にしても良かったのですが、メンバーもそろってマークされる形ではいいとこ掲示板までかなーと。

大阪杯覇者のアルアインは前走は伏兵の立場で勝たせてもらった感じなのでここが試金石。

ここも勝つようなら完全復活で秋に向けて視界良好でしょうが、1度、勝っただけでオッズが急激に下がっているので期待値の原則(周りが買った時に一緒に買う)からしても勝ってはいけない馬なので外しました。

あとはエタリオウですが、横山騎手が乗ってどう変わるかでしょう。

前走は明らかに乗り方のせいで負けているので実力的には十分通用すると思います。

ただ、他に買いたい馬がいたので今回は印が回らなかったという感じですね。

勝たれたらおめでとうございます!という感じですが、このメンバー相手に初G1制覇を成し遂げられるかどうか・・・。

宝塚記念2019 単勝・複勝 馬券公開

宝塚記念2019単勝馬券
宝塚記念2019単勝馬券2
宝塚記念2019公開馬券

宝塚記念2019レース動画

宝塚記念2019レース結果

宝塚記念2019レース結果

宝塚記念2019公開馬券結果

宝塚記念2019公開馬券結果

宝塚記念2019 回顧

本命馬:◎スワーヴリチャード:3着

対抗馬:◎リスグラシュー:1着

レーン騎手様様という見事な騎乗でリスグラシューがグランプリを制覇しましたね!

展開的にこの馬ムキニなるような気はしたのですが、あの位置でレースを進めるとは思わなかったのでそこはビックリしました(笑)

好スタートから横を見ながら内でけん制し合ってるなら俺が行く!とばかりに押し上げ、道中は絆をピッタリマークする2番手をキープしていましたが、この位置取りは外国人だからこそできる戦法。

仮に以前、主戦を務めていた武豊機種であればほぼ間違いなく中団から後方待機の直線勝負に持ち込んだと思います。

これは武豊騎手が以前、コメントしていたのを見たのですがG1の舞台で戦術をけるのは凄く勇気のいる決断でなかなかできないらしいです。

だから日本のジョッキーはみんな人気馬に乗ると無難な騎乗しかできない傾向にあって、逆に外国人ジョッキーはそのあたりをガンガンやってくる。

もちろんそれによって負けることもあるけど、思い切った乗り方をするからツボにはまるとこういった形で突き抜けて勝ったりもすると。

浜中ジョッキーも今年のダービーで思い切った騎乗をして勝ちましたが『人気がなかったからできたレース』とはっきり言ってましたからね。

それを人気の馬でもやってのけたレーン騎手の神騎乗がもたらした勝利と言っても言い過ぎではないと思います。

本命にしたスワーヴリチャードはスタートで出遅れましたが、道中はいいポジションで走っていました。

4コーナーでリスグラシューが持ったままだったのとは対照的にコーナーでは既にムチを入れていたことから馬群に沈むかなーと思ってみてましたけど、ジリジリ伸びて3着をキープ。

こうなってくるとこの馬もエタリオウみたいに勝ち切れないレースが続いて終了・・・という可能性が高くなってくるので、秋は人気になるようならスパッと見切った方が良いかも知れませんね。

相手なりに走るんだけど1着はない・・・みたいな。

5歳馬ですし競走馬としての能力も落ちてくる時期なので、今後の購入は人気を見ながらという感じになりそうです。

人気のレイデオロは内をピッタリ回って経済コースを通っていたのですが、見せ場もなく終了。

ドバイでも見せ場がなかったことからちょっと心配ではありますね。

秋まで休んで王道ローテで戦うことになると思いますが、初戦で人気になるなら買わない、人気になって負けてオッズが下がるようなら2戦目で買い、という感じになるかなと思います。

2019年 公開馬券収支

2019年公開馬券収支
2019年6月公開馬券収支

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です