オークス2019 単勝・複勝予想・結果・回顧 【馬券公開】

オークス2019 単勝・複勝予想・結果・回顧 【馬券公開】
さんパパ
こんにちは、さんパパです!

今日は朝からオークスの予想をしながら井上尚弥VSロドリゲスの試合を見ていたのですが、2Rで終わってしまったので予定より早く公開できそうです(笑)

強い強いと言われていたけど、僕はその強さを肌で感じることができないド素人なので『本当に勝つの?』『相手もチャンピョンなんだしヤバいじゃないの?』みたいに思ってました(^^ゞ

んが・・・

終わってみればディープインパクトが勝ったダービーに匹敵するほどの圧勝劇(笑)

単勝1.1倍の圧倒的人気に答えるのはヒーロー以外の何物でもないですね^^

さてさて、今日はヒーロー・・・ではなくヒロインが誕生するオークスですが、こちらは桜花賞馬不在の超混戦模様。

どの馬が勝ってもおかしくないとは思ってましたが、オッズを見る限りそれは他の人も同じなようで1番人気を背負っているのは桜花賞組でもフローラS組でもない別の馬。

重賞初挑戦の無敗馬が人気を背負って勝ち切ればニューヒロインの誕生となるのでしょうが・・・。

果たしてどうなることやら。。。


オークス出馬表

オークス2019出馬表

※オッズは確認時点でのものになります。

オークス2019予想

本命馬:◎シャドウディーヴァ

対抗馬:◎ウィクトーリア

過去の傾向からオークスを勝つ可能性が1番高いのは桜花賞組だと思うのですが、今年は桜花賞を圧勝したグランアレグリア不在。

そのグランアレグリアは距離を嫌ってNHKマイルカップに挑戦するも牡馬の壁にはね返されまさかの4着。

桜花賞のレベル自体も現段階では疑問視がついてもおかしくない状況であり、もっと言えば勝ったグランアレグリア以外、掲示板に乗った馬は展開1つでコロコロ変わると言っても不思議ではないくらいの実力差。

つまり、桜花賞組を軸にするならどの馬を買ってもチャンスがある、言いかえると『桜花賞組で人気になっている馬は期待値が低い』ということです。

なので前走、桜花賞に出走して今回人気になっているクロノジェネシス、ダノンファンタジーは消し。

そうなると次の狙いとなるのはフローラステークス組。

本命にしたシャドウディーヴァはラスト200m位まで前が壁になって全く動けない状況から、最内を通って突き抜けそうなところを交わされゴール。

勝ち馬とはほぼ同着のような感じでスムーズに追い出せていれば勝っていても不思議ではない状況だったと思います。

今回、内枠ならこの馬を本命にしようと思っていたので7番なら許容範囲。

岩田騎手ならおそらくスタートでソコソコ前に行って内のインで我慢して直線を迎えると思うので、あとは前走のようにはじけるかどうかという問題。

個人的には現段階のオッズが13.4倍もあるので、はじける可能性に賭ける期待値は十分あると思っているので本命にしてみました。

対抗馬にしたのはウィクトーリアですが、この馬も前走、直線の途中まで包まれて追いだしを我慢しているんですよね。

つまり若干、スムーズさを欠いてのパフォーマンスだったので、その部分の可能性に賭けてみようかなと。

実は最初、本命or対抗は忘れな草賞を勝ったラヴズオンリーユーにしようと思ってました。

ここまで3戦無敗で桜花賞組に期待値がないと考えるなら、この馬しかいない!と思ってたので。

ただ、ふたを開けてみればまさかの1番人気じゃないですか(笑)

G2くらいなら勢いで行けるかも知れないですけど、さすがに初のG1で一線級と戦ったことのない、3歳の牝馬が、2400mという道の距離で1番人気を背負って勝ち切る、というのは想像しにくいし、そこに期待値はないと思います。

なので、この馬が突き抜けたら『おめでとうございますm(__)m』と潔くあきらめる覚悟はできてます(笑)

来週のダービーは皐月賞組を軸にする予定なので固く収まりそうですし、ここは一発を期待しながら強気の予想で攻めたいと思います^^

終わってみれば外国人ジョッキー2人を勝っていれば当たっていた・・・なんてことにもなりそうですが(笑)

オークス2019 単勝・複勝 馬券公開

オークス2019単勝馬券1 オークス2019単勝馬券2 オークス2019公開馬券

オークス2019 公開馬券結果

オークス2019公開馬券結果

オークス2019 レース結果

オークス2019 レース結果

オークス2019 レース動画

オークス2019 回顧

オークス2019本命馬:シャドウディーヴァ

オークス2019対抗馬:ウィクトーリア

終わってみれば今週もまたもや外国人ジョッキーが勝つという昨年からの流れ通り。

この流れは今後も止めることはできないでしょうし、今週のダービーもレーン騎手があっさり持っていく可能性大。

勝ったラヴズオンリーユーは早くから本命候補に挙げていたけど、本番で1番人気を背負ってしまったためパス。

結果的にグランアレグリアが出走して人気をしょってくれた方が僕的にはありがたかったのですが、こればっかりはどうしようもないですね。

重賞初挑戦+1番人気で勝ち切るのは難しいと思ったので、勝った馬が強かったということで。

本命に挙げたシャドウディーヴァは岩田騎手らしくインコースで脚を溜める競馬に。

勝てる騎手というのはこういった大舞台でも躊躇なくインを周り、直線で前が壁になるリスク承知で勝負してくれるので見ていて面白いです。

残り400mで前が開いた時に伸びて来たので『お!』と思ったのですが、夢が見れたのは一瞬でしたね(笑)

実力が本物であればあそこから突き抜けたはずなのですが、そこまで押し切る力がなかったのが現実だったかなと。

ただ、こればっかりは走ってみれば分からない部分もあるし、その未知の部分に対するオッズが16.4倍ならこれは迷うことなく『買い』だと判断したわけです。

対抗として挙げたウィクトーリアは最後までしっかりと走っていましたが、4コーナーでシェーングランツに蓋をされ、外に出せなかったのが痛かったですね。

パトロールビデオを見ましたがかなり斜めに走っているのが分かるので、上手く外に出していれば3着はあったと思います。

個人的に今日の競馬を見る限りシャドウディーヴァは前にもつけられる+距離短縮で見直しができる気がするので、秋、ローズS→秋華賞というローテーションを組むなら注目したいと思います。

そんな人気にもならないと思うので^^

2019年 公開馬券収支

2019年公開馬券収支 2019年5月公開馬券収支

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です