NHKマイルカップ2019 単勝・複勝予想・結果・回顧 【馬券公開】

さんパパ
こんにちは、さんパパです!

今日から東京のG1が始まりますね!

個人的にすでにG1を3連勝しているルメール騎手が全部、かっさらうんじゃないか?と思って仕方がないのですが、まぁ、うまい騎手に乗ってもらいたい馬主の意向も分かりますからね。

今日のNHKマイルカップも当たり前のように1番人気に乗っているので1着になった時点で僕の予想は外れ(笑)

なかなか1番人気でG1を勝てる騎手っていないので貴重と言えば貴重なんですけどね。

やっぱり収支を考えるとオッズ的に買いにくくなってしまうので、言いかえれば過剰人気になりやすく、どこかで負けた時に当てれば回収できる!ということが言えるので、どんどん人気を吸ってくれと願っています(笑)

NHKマイルカップ2019出馬表

NHKマイルカップ2019出馬表

※オッズは確認時点のものになります。

NHKマイルカップ2019予想

本命馬:◎ダノンチェイサー

3強の中で一番人気のないダノンチェイサーを本命にしました!

グランアレグリアが強いのは知っているし、アドマイヤマーズがマイルで4戦4勝なのも知ってます。

だから上位2頭が強いのは当然ですが、ダノンチェイサーも底を見せていないので今のオッズなら買いじゃないかなと思うんですよね。

前走のきさらぎ賞はかなり強い競馬に見えたので。

3枠なのでスタートさえ出れば好ポジションをキープできるし、仮に外からアドマイヤマーズが前に来ても内を通るのはこの馬の可能性が高く、脚を溜められますからね。

グランアレグリアにしてもダノンチェイサーより前に行けば目標に出来るし、ダノンチェイサーの後ろに付けば外を周ることになるから同じ脚質として見れば内枠を引いたダノンチェイサーが有利であり、オッズ的に高いなら狙うべきはこの馬だろうという感じです。

ちなみに本命候補として迷ったのは当然ながらグランアレグリアではなくアドマイヤマーズ。

少なくとも先週の時点では本命にする気、満々でした。

なぜなら皐月賞は不完全燃焼で負けた一戦だったから。
↓↓↓

4コーナーで前が詰まって追い出せず、そこをスルスルと外を回ってきたサートゥルナーリアに交わされ万事休す。

本来ならもっと早めに仕掛けて直線を向くまでにリードしておかなければならないのですが、それができなかったんですよね。

最後は差があるように見えますが、コーナーをしっかり回ってくればこの差はもっときわどかったのは明らかです。

つまり、負けて強とまでは言いませんが、次回の巻き返しは十分、期待できると。

なのでここは本命に・・・と言いたいところですが、先週のエタリオウの件もそうですがここ最近のデムーロ騎手が乗れていない。。。

例年ならそろそろ一発くるか!という感じなのですが、個人的にはそれがまったく感じられないんですよね。

もちろんそういったことをあっさり覆す騎手でもあるので、それだけの理由で買わないわけではないですが、騎手を重視する僕としては1度、様子を見ようかなと。

先週の新潟大賞典でルックトゥワイス(単勝6.9倍)とメールドグラース(単勝15.8倍)で悩み、結局、配当の低いルックトゥワイスを本命にするといった失態をしたのもあるので。

本命はこの馬しかいない!!!というなら迷わず買いますが、迷っているならセオリー的にオッズの1番高い馬を購入するのが期待値競馬だと思うので、ここはダノンチェイサーと心中することにしました。

穴馬候補としてこの馬が良い!というのはないのですが、上位3頭が前に行く馬ばかりなので一発あるなら後方から追いこんでくる差し馬を狙うべきかなとは思いますね。

上位でやりあっているうちに長い直線を活かして大外から突っ込んでくる・・・みたいな。

どの馬がやってくるのかは分かりませんけどね(笑)

NHKマイルカップ2019 単勝・複勝 馬券公開

NHKマイルカップ2019単勝馬券 NHKマイルカップ2019複勝馬券 NHKマイルカップ2019公開馬券

NHKマイルカップ2019結果・回顧・レース動画

NHKマイルカップ2019 公開馬券結果

NHKマイルカップ2019公開馬券結果

NHKマイルカップ2019 レース結果

NHKマイルカップ2019公開馬券結果

NHKマイルカップ2019 レース動画

NHKマイルカップ2019 回顧

このレースを見て1つ、改めて思ったこと。

それは『競馬は大金かけちゃダメだね』ってこと。

本命にしたダノンチェイサーは想定通りのポジションをキープしながら直線の入り口ではグランアレグリアをピッタリマークする形で最高の位置取り。

外からアドマイヤマーズに被せられたけど、前にいたトオヤリトセイトが内によれて『ヴィクトリーロードが開いた!これは行ける!!』と思った矢先、まさかのルメールタックル炸裂(笑)

動画でレースを見ていたんですけど、『え!!!』って叫んでしまって奥さんがどうしたの?ってビックリしてました(笑)

G1の舞台で勝ちたいのは分かるけど、あそこまで露骨にタックスるっていうのはどうなのかなと。

故意ではなく結果的にぶつかってしまったのかも知れませんが、あのタックルがダノンチェイサーにとって超ブレーキになったのは事実で、最後の着差を考えれば何もなければ3着以内には来たでしょうね。。。

仮に3着だったとしてもダノンチェイサーの複勝は2.0倍以上付いたわけですから、収支的にはプラスで終われたはずです。

それがあのタックルによって掻き消されてしまったわけですから、僕も含め、馬券を買っていた人にとってはモヤモヤの残るレースになったでしょう。

とはいえ、これも競馬のルールのうちであり、今回は結果的に本命にした馬が不利を受けてしまいましたが、逆のこともいつかはあると思うのでこれはこれであきらめるしかないですね。

ちなみにダノンチェイサーは力を出し切っていない&ゴール前で追うのをやめているのがレース動画からわかると思います。

これは言い換えると『人気落ちする次走は狙い目』ということが言えるということです。

キングカメハメハやクロフネのようにNHKマイルカップを勝ってしまうと本番でも人気になってしまいますが、ここで負けたこと、それも4着という馬券内を外したことで確実に人気は下がるはずです。

でも、能力は出し切っていないのですから、この馬が本当はぶっちぎって勝つ可能性もあったかも知れませんよね(結果は分からないので論議するだけ無駄なので割愛)

僕が良く狙うのはそういった馬で、次走好走する可能性+人気が落ちる=期待値がある、という式から逆算して購入するわけですね。

もちろん、次走はダービーであり、競馬の祭典と呼ばれる大レースですからそれだけで勝てるわけではありませんが、この馬が能力を出し切っていない、ということは頭に入れておくべきでしょう。

ここまで書くってことは・・・そうです。

ダービーはこの馬も本命の候補として考えているってことですね。

【追伸】

ルメール騎手が川田騎手にぶつかり、漁夫の利を得たかのようにデムーロ騎手が勝つ。

これって外国人アシスト?と思ったのは僕だけではないはず(笑)

どちらにしても買い続けたデムーロ騎手がここで勝ち、本命にした馬が不利を受けて降着ということは僕自身の波もめちゃくちゃ悪いです。

このブログで11レース予想して4着がなんと5回!(爆)

複勝が当たったのが4回なので、それよりも4着をピンポイントで当てる回数の方が多いという(笑)

こうした波って目には見えないんですけど、どこかで当たるまで続いたりするから、しばらくは僕の予想はあてにしない方が良いかも?(←もともとしてないかな?(笑))

来週はヴィクトリアマイルですが、ルメール騎手がまさかの騎乗停止でダービーまで乗れないということで馬券的な旨みが発生しそうな感じで枠楽もしているし、また来週、競馬を楽しみながら期待値のある馬を狙ってきます!

2019年 公開馬券収支

2019年公開馬券収支 2019年5月公開馬券収支

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です