菊花賞2019 単勝・複勝予想・動画・結果・回顧 【馬券公開】

菊花賞2019 予想

本命馬:◎レッドジェニアル

対抗馬:▲なし

本命はレッドジェニアルにしました!

世代トップクラスの馬たちがこぞって回避した今年の菊花賞。

押し出されるような形で人気になっているのがヴェロックス。

さらに重賞未勝利ながら話題先行で2番人気になっているワールドプレミア。

経験上、押し出される形で人気になる馬はコケルことが多く、勝ったとしてもオッズが低く、ゆえに期待値も低いです。

まぁ、ヴェロックスについては強いと思うのですが、距離的に微妙な感じがするのと、外枠を引いてしまったので横綱競馬をしないかが不安要素。

スタートから好位の内を取る競馬ならまだしも、後方からいっていい馬でもないので川田騎手がどう乗るかが大きなポイントでしょうね。

ワールドプレミアにいたっては神戸新聞杯は武豊騎手らしい権利取りの競馬で勝つ気なし(笑)

明らかに菊花賞を目標にしているのだと思いますが、脚質的に展開の利がないと勝てない馬なのでローズキングダムみたいな感じになるのでは?と思ってます。

※ローズキングダムが2着に負けた菊花賞

さらに気性的にもやんちゃなので当日、入れ込んでたりしたらその時点でバッサリでしょうね。

武豊人気になってる感じが強く、個人的には勝つイメージが沸かないです。

3番人気はルメール騎手に乗り替わったニシノデイジー。

内枠を引いたこともあってかまさかの3番人気にビックリ(笑)

重賞2勝しているわけですから力はあると思います。

ただ、それでも3番人気はないな~って。

オッズ的に勝たれたら仕方がないと思ってあきらめます。

さて、上位3強、いずれにも不安要素があるので狙っていくべき馬は好位から超ロングスパートできる馬か、中段の外目から坂を利用して加速できる馬。

ヴェロックスの位置取りによって展開の利が前と後ろ、どっちに向くか分かりませんが、人気もあるし中盤より前にいると仮定して、展開の利は後ろにあると予想します。

すると狙うべき馬は坂を利用して一気にスパートできる馬。

それに該当するのがレッドジェニアルですね。

前走の神戸新聞杯はヴェロックス、ワールドプレミアに完敗の4着。

一見すると逆転は不可能な着差にも見えます。

が・・・。

おそらくこのレース、鞍上の酒井騎手は本番を想定し、あえて正攻法で上位馬に挑んだのでは?と思うんですよね。

神戸新聞杯の乗り方は100点だし、仮にサートゥルナーリアが酒井騎手の乗り方をしていたら余裕で突き抜けたはずです。

でも、馬に能力が足りなかったので4着に負けてしまったと。

つまり同じような乗り方をしたらヴェロックスはもちろん、ワールドプレミアにすら勝てないことがわけです。

じゃあどうするかっていうとこれはもう、腹をくくった乗り方で一発を狙うしかないと。

そうなると思い出すのは今年の京都新聞杯です。

4コーナーの手前から仕掛け、最後は今年のダービー馬を差し切り後続も完封してます。

ダービー、神戸新聞杯も負けてはいますが、そこまで悲観する内容でもないし、得意な舞台で一発あるとしたらこの馬かなって感じですね。

前走の負けで人気もかなり落ちてるので僕としては期待値の塊に見えました(笑)

大外ぶん回しの競馬だけしなければ、ソコソコいい勝負になるんじゃないかなと思います。


菊花賞2019 単勝・複勝 馬券公開

菊花賞2019 レース動画

レース終了後に公開します。

菊花賞2019 レース結果

レース終了後に公開します。

菊花賞2019 公開馬券結果

レース終了後に公開します。

菊花賞2019 レース回顧

レース終了後に公開します。

2019年 公開馬券収支

レース終了後に公開します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です